【国際誌掲載!】腰痛に伴う恐怖感と生産性低下の関連性について

2018.10.11

プレスリリース

腰痛と生産性低下

当社の坪井大和が執筆した国際論文が2018年10月5日付で、European Journal of Painに掲載されましたことをご報告致します。

▼Association between pain-related fear and presenteeism among eldercare workers with low back pain.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30289190

本研究の詳細に関しては、下記の概要をご参照ください。

【研究の背景】
プレゼンティーイズムとは、職場に出勤しているものの、体調不良により労働生産性が低下した状態をさします。このプレゼンティーイズムによる金銭コストの損失は、休職の3倍、医療費・薬剤費の2~3倍と推定されています。そのため、プレゼンティーイズムは健康経営上、解決すべき重要な課題となっています。

その中でも、「腰痛」はプレゼンティーイズムの原因の上位に来ている症状の一つです。腰痛で生産性が落ちることは先行研究から明らかとなっていますが、その詳細は明らかとなっていませんでした。腰痛の慢性化や増悪のリスクとして、近年「痛みに対する恐怖感」が注目を集めています。しかし、この恐怖感とプレゼンティーイズムが関連するかを検討した研究はこれまでにありませんでした。

プレゼンティーイズムの原因
(参考データ:産業医科大学 永田智久氏の執筆論文よりバックテックが作成)

【結果】
腰痛に伴う運動恐怖感(運動したら悪化するのではないかなどの考え方)が強い人ほど、プレゼンティーイズムの重症度が高くなるリスクが高いという結果が得られました。なお、今回得られた結果は年齢や性別、職務特性、腰痛の程度といった様々な要因を考慮した上での結果です。

【今後の展望】
健康経営上の課題であるプレゼンティーイズムを解決していく上では、腰痛の解決が重要です。その腰痛に伴うプレゼンティーイズムの重症化を防ぐには、痛みそのものばかりに囚われるのではなく、『痛みに対する恐怖感』への対策を考慮する必要性が考えられます。今後は実際に運動恐怖感へのアプローチをすることで、プレゼンティーイズムが改善されるかどうかのさらなる検証を、ポケットセラピスト等を利用した介入研究を通して、エビデンスを構築していきます。

カラダの痛み対策を通した生産性向上はポケットセラピスト

ポケットセラピスト
@BackTech Inc.

▼ポケットセラピストについての導入効果事例に関してはコチラ
https://pocket-therapist.jp/document

RECRUIT

世界中の健康に悩む人たちを"医療×テクノロジー"を通して支える

CONTACT

お問い合わせフォームに必要事項を記入の上、「送信」ボタンを押してください。

サービス内容や採用情報、取材依頼、ニュースリリースについてなど、お問い合わせの種類は何でも構いません。また、医師や理学療法士、柔道整復師などの方で、今後の意見交換や、提携を含めた協業に興味がある方はお気軽にご連絡ください。



個人情報のお取扱い

a) 事業者の氏名:
株式会社バックテック
b) 個人情報保護管理者または代理人の氏名または職名、所属および連絡先:
個人情報保護管理者:福谷 直人 電話番号:03-6276-2655
c)利用の目的:
  • ・お客様との連絡、協力、交渉、契約の履行、履行請求等のため
  • ・その他、上記利用目的に付随する目的のため
d)個人情報を第三者に提供することが予定される場合の事項:
本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。
e)個人情報の取扱いの委託を行うことが予定される場合:
個人情報について当社が個人情報保護管理体制について一定の水準に達していると認めた委託者に業務委託の目的で委託することがあります。
f)開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について:
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。開示等のお問合せは下記の連絡先までお願い致します。
g)本人が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果:
個人情報の提供は任意と致しますが、当社が依頼する情報の提供がない場合、内容が正確でない場合はサービスの提供やご対応等に支障をきたす可能性がございますのでご了承下さい。
h)クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

個人情報に関する問合わせ窓口:

〒151-0053東京都渋谷区代々木2-26-2 第二桑野ビル2-D

TEL:03-6276-2655