コロナ禍で肩こり・腰痛・頭痛等の相談1.5万件超!テレワーク推進企業で積極活用へ!

2020.10.22

お知らせ

コロナ禍 | ポケットセラピスト

株式会社バックテック(本社:京都府京都市、代表取締役:福谷直人、以下、バックテック)が開発運営する、肩こり・腰痛対策支援ツール『ポケットセラピスト』は、現在のコロナ禍において、テレワーク者の増加に伴う肩こり・腰痛に関わる課題の増加に伴い、ご利用者さまからの相談件数が従来の4倍以上に増加しています。

【コロナ禍による健康課題の変化】

コロナ禍 | ポケットセラピスト
産業医科大学と当社の共同研究結果

産業医科大学と当社の共同研究結果によると、COVID−19緊急事態宣言前に比べて、緊急事態宣言中は、肩こりや目の疲れ、腰痛など様々な健康課題を訴えられる勤労者が増加していることが明らかになりました。これらの健康課題は、緊急事態宣言解除後も遷延化していますが、COVID−19流行の状況下では、整体院、マッサージ施設などに通うことが難しいのが現状です。
また、コロナ禍の今、COVID−19流行以前のように一定数の従業員がオフィス勤務に戻る企業がある一方で、テレワーク中心に移行する企業も増加しています。テレワークに関しては本来、働き方改革の一環としてテレワークが推進されていましたが、COVID−19の影響で、本来の趣旨とは違った、かつ、準備期間のない強制的なテレワークを強いられている環境です。
これらの結果、外出機会の低下に伴う運動不足や、テレワーク環境の不整備による自覚症状の訴えが増加しており、お悩みを相談できる場として、ポケットセラピストをご利用いただいています

【相談件数は半年で4倍以上に増加】

テレワーク | コロナ | 肩こり | 腰痛 | ポケットセラピスト
(c)BackTech Inc

大手企業を中心にテレワーク者の支援ツールとして、ポケットセラピストを導入いただいており、相談件数は1.5万件を突破し、2万件に到達しようとしています。これは半年間で約4倍の相談件数の増加となっており、テレワーク者の増加や、慢性的な運動不足等の課題が背景にあると考えられます。

コロナ禍のポケットセラピストご利用者さまからの相談内容を、形態素解析(=普段生活の中で一般的に使っている文章を、意味のある最小の単位に分解して、意味や品詞など判別すること)をすると、「肩・腰・痛み」というワードに加えて、「ストレッチ」「仕事」などのワードもよく相談時に使用されており、テレワークの仕事中に感じる肩・腰の痛みに対するストレッチなどのニーズが増加していることが予想されます。

コロナ禍 | 肩こり | 腰痛 | ポケットセラピスト
(c)BackTech Inc.

【テレワーク支援ツール | ポケットセラピストとは】

コロナ禍 | ポケットセラピスト
(c)BackTech Inc.

ポケットセラピストは、京都大学大学院医学研究科で開発された肩こり・腰痛対策支援ツールで、高ストレス者の減少・プレゼンティーイズム解消・テレワークの働きやすさ向上という目的で大手企業を中心に導入頂いています
最新の医学的エビデンスに基づき、開発・運営しているため、ご利用企業・ご利用者ともに安心して利用頂けるサービスです。また、社内の健康課題を把握されていない企業様に関しては、健康課題や生産性低下の可視化もサポートしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

▼テレワーク者の健康課題を可視化したい企業さまはコチラ(10/31までのお申し込みで無料!)
http://bit.ly/201022_conditioncheck
▼テレワーク者支援ツール”ポケットセラピスト”の導入効果はコチラ
コニカミノルタさまの事例
田辺三菱製薬さまの事例

========
本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社バックテック 広報担当:太田 info@backtech.co.jp
========

RECRUIT

世界中の健康に悩む人たちを"医療×テクノロジー"を通して支える

CONTACT

お問い合わせフォームに必要事項を記入の上、「送信」ボタンを押してください。

サービス内容や採用情報、取材依頼、ニュースリリースについてなど、お問い合わせの種類は何でも構いません。また、医師や理学療法士、柔道整復師などの方で、今後の意見交換や、提携を含めた協業に興味がある方はお気軽にご連絡ください。



個人情報のお取扱い

a) 事業者の氏名:
株式会社バックテック
b) 個人情報保護管理者または代理人の氏名または職名、所属および連絡先:
個人情報保護管理者:福谷 直人 電話番号:03-6276-2655
c)利用の目的:
  • ・お客様との連絡、協力、交渉、契約の履行、履行請求等のため
  • ・その他、上記利用目的に付随する目的のため
d)個人情報を第三者に提供することが予定される場合の事項:
本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。
e)個人情報の取扱いの委託を行うことが予定される場合:
個人情報について当社が個人情報保護管理体制について一定の水準に達していると認めた委託者に業務委託の目的で委託することがあります。
f)開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について:
ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。開示等のお問合せは下記の連絡先までお願い致します。
g)本人が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果:
個人情報の提供は任意と致しますが、当社が依頼する情報の提供がない場合、内容が正確でない場合はサービスの提供やご対応等に支障をきたす可能性がございますのでご了承下さい。
h)クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

個人情報に関する問合わせ窓口:

〒151-0053東京都渋谷区代々木2-26-2 第二桑野ビル2-D

TEL:03-6276-2655